アーティストサポート事例

On-doのサポート事例をご紹介いたします。

NINJAMAN JAPAN

On-doがPV制作コーディネート、流通、プロモーション、配信を担当しております。

NINJAMAN JAPAN

Fly away

2012年8月29日発売
「Fly away」

雷神/餞

2013年3月20日発売
「雷神/餞」

アーティスト情報

アーティストHP→
劇団☆新感線の役者吉田メタルが、Psycho le CemuのLIDAと結成したバンド。
NINJAをテーマに、5人のメンバーが悪と戦うというコンセプトで、芝居やアクションを盛り込んだライヴを展開。
結成直後にV-ROCKFESTIVAL09で幕張メッセの大舞台を経験、HYPER JAPAN2012ではロンドン在住の布袋寅奏氏と同じステージでライヴを行っている。
2013年3月20日にニューシングル「雷神/餞(はなむけ)」をCD+DVDの2枚組でリリース!!

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

CANDLES

On-doが流通、プロモーション、配信を担当しております。

CANDLES

EVOLUTIONAL FORM

2012年5月30日発売
「EVOLUTIONAL FORM」

アーティスト情報

アーティストHP→
2008年 ユニバーサル ミュージックから配信限定シングル「Milk」のリリースを機に本格始動。
2009年 同じく配信リリースの「SHY BOY」が読売テレビ「キューン!」の8月度エンディングテーマに起用される。またカヴァー曲が毎日放送音楽情報番組「music channel Hz」8月エンディングテーマ、毎日放送情報番組「でぃりぃげっと。」エンディングテーマに起用されオリジナル曲の「SHY BOY」はこの年の【レコチョク クラブ・うた】【HOUSE/TECHNO】ダンス / エレクトロニカ8月度月間ランキングで1位を獲得。この事が「YAHOO!ニュース」にも取り上げられ話題を呼ぶ。
2010年8月、2曲収録の配信限定シングル「MAYBE TONIGHT」「Answer」をリリース。
【レコチョク クラブ・うた】【HOUSE/TECHNO】ダンス / エレクトロニカ8月25日付け、ウィークリーランキングで 1位、2位を独占。
「Answer」が2010年8月度、月間ランキング 1位を獲得。配信限定で数々のタイトルをリリースして来たCANDLES、待望のファースト・ミニアルバムを遂にリリース!

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

レコライド

On-doが流通、プロモーション、配信を担当しております。

レコライド

mp3の断末魔

2012年4月4日発売
「mp3の断末魔」

アーティスト情報

アーティストHP→
デビューミニアルバム[絶叫みだれラリーランド]収録の【Baseball Murder】が テレビ東京「ピラメキーノ」のエンディングテーマ曲になるなど話題となり、 レコライド結成3年の時を経て1stフルアルバムが遂に完成! ボーカルたったの奇天烈ヴォイスが炸裂、元・月刊プロボーラーの佐々木喫茶 の超絶打ち込みシンセパンク、新加入ハシモトユウヤのソリッドギターが 見事に絡み合う。PV曲の【星屑のmp3】は80sサウンドにのせて、ネットに 無数に漂うmp3のはかない運命をラブコメ調に歌い上げたエキセントリックチューン。 【ビューティーマリのダンスレッスン】【エレクトロくそPOP王】(CD限定)を含む全14曲!!

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

solenergy(ソルエナジー)

On-doが音源制作、プロモーション、コーディネイトを担当しております。

サポートしているアーティスト

2007年5月結成
2008年12月 1stマキシシングル「ナキムシライオン」でコロムビア/ブロー・ウインドレコードにてメジャーデビュー
2009年1月~2月 全国21ヵ所22公演を回るレコ発全国ツアーを決行
5月 横浜開港150周年記念テーマイベント「開国博Y150」に参加
2010年3月 第1回イシバシバンドコンテスト「うちのバンドが№1部門」に優勝
11月 弊社EMPとレーベル、所属事務所として移籍
2011年1月 第3回イシバシバンドコンテスト「うちのバンドが№1部門」に優勝
1~3回まで入賞した事によりイシバシコンテスト殿堂入りとなる
2011年3月、移籍後1stマキシシングル「サクラ咲く頃に」をリリース

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

    

ゲッカンプロボーラー

On-doが流通、プロモーション、配信を担当しております。

ゲッカンプロボーラー

2011年9月5日発売「Romantheque」

2011年9月5日発売
「Romantheque」

アーティスト情報

アーティストHP→
アオリズムレコーズHP(自主レーベル)→
1993年 月刊プロボーラー結成。その後1996年、yaskikutaがアメリカより帰国し合流。当時のメンバーは7人にも及んだ。学園祭や市民ホール、地元 ラジオ局への出演などから徐々にその名は広がることとなる。その後は都内のクラブを中心に活動を開始。アッパーなテクノサウンドが話題となる。
2002年 主宰パーティー“dotechno!(ドテクノ)”を開始。国内外のビックアーティストを招聘し六本木を中心に'00前半のクラブシーンへ大きな影響を与えたパーティーとして注目を集めた。この頃から月プロの活動は本格的になっていく。
2004年 レーベル【ELECTRIC PUNCHES】より1stアルバム『テクーニョ』をリリース。クラブ、イベント、ラジオ、雑誌媒体など各方面より注目を集め高セールスを記録。中でも収録曲「七色ギャングスター」は現在でも必ず演奏されるアンセムとなっている。
2005年 2ndアルバム『テクニコフ』をリリース。「ハイスクールララバイ」のカバーなどが話題となる。
2007年 3rdアルバム『ディスコウォーズ』をリリース。ジャケットイラストに行部一平、PVにOHRYS BIRDを起用するなどアートワークでも注目を集める。
2008年 4thアルバム『eRETRO』をリリース。iTunesエレクトロチャートアルバム部門で1位を獲得。SAWAをゲストヴォーカルに迎えシングル カットされた「SUMMER OF LOVE」を始め全編150BPMで構成された高速ビートに乗ったこの作品は大きな反響を呼んだ。
2009年 メンバー編成に伴い、DJや楽曲制作をする傍ら月プロのマネージャーとしても籍を置いていたyaskikutaの実弟「HIDE」が加入。【月刊プロ ボーラー】から【ゲッカンプロボーラー】へと改め再始動。全曲女性ヴォーカルで再構築したベスト盤『エレベスト』をリリース。iTunesエレクトロチャートアルバム部門で1位を獲得。clubasiaを拠点に主宰パーティー“ゲッカンプロボーラーフェスタ”を開始。yaskikutaはミトメマコトとの実験的ユニット【dorago(ドラゴ)】やサウンドプロデューサーとしても活動を開始。
2010年・東京ゲームショウ2010 / Xbox360のテーマソングを担当。ゲストヴォーカルに岩田アッチュ(NIRGILIS)を迎えた楽曲「デジタルラヴァー」は国内外のメディアからも高 い注目を浴び、iTunesエレクトロチャートで1位を獲得した。この頃よりyaskikutaがヴォーカルを担当しゲツプロの方向性が徐々に変化してい く。2人はこのスタイルを“ネオロマンティック”と提示している。また別名テクノユニット【JacidBros(ジャシッドブロス)】の活動を開始。主に 海外へ向けたこのプロジェクトは結成1ヶ月でイギリス、スペイン、ポルトガルのレーベルとの契約を獲得。数々のリミックス作品も発表し、世界中のDJ/ク ラバー達からの評価を得ている。
2011年 HIDEが設立したレーベル【aorizm records(アオリズムレコーズ)】へ移籍。The ClashのカヴァーやSystem7のリミックスを手がけるなどグローバルな展開を開始。CLUB SEATAを拠点に主宰パーティー“ゲッカンプロボーラーオールナイトフェスタ”を開始。

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

 

ミトメマコト

On-doが流通、プロモーション、配信を担当しております。

ミトメマコト

MITOME MAKOTO

2011年8月8日発売
「MITOME MAKOTO」

MITOME MAKOTO

2012年8月29日発売
「St@rdust Collection Inc.」

アーティスト情報

アーティストHP→
高校生以上大人未満【ミトメマコト】。
高校生でギターを手に取る。卒業後、宅録による音源制作と横浜、町田を拠点にライブ活動をスタート。その傍ら、鈴木秋則と赤羽奈津代のユニット【Sentimental Bus】のギタリストとしてツアーに同行する。これまでにデジタルロックバンド【ROMERO】【Stacy】、ダンスユニット【dorago】を結成。ボーカル、ギタリストとして現在も活動中。
2009年~ユニット・【ゲッカンプロボーラー】のライヴ、アルバムへサポートギター、コーラスとして参加。2010年~【ミトメマコト】としてソロ活動をスタート。ルーツであるロックにデジタルサウンドを絡め、独特のエロティックボイスを鳴り響かせるミトメマコト。彼の人間性をそのまま映した、温もりと危険な香りが交差する繊細な楽曲に共感する者も多い。2011年~クオリティーの高いそれらの楽曲が認められ、新生レーベル『aorizm records(アオリズムレコーズ)』より第一弾アーティストとしてリリースが決定!
バランスが崩れていく今の時代が生んだ孤島のシンガーソングライター。

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

 

EmiLy(エミリ)

On-doが原盤出資、流通、配信、プロモーションを担当しております。

EmiLy(エミリ)

tear drop

2011年5月25日発売
「tear drop」

アーティスト情報

アーティストHP→
アレンジに西川進(矢井田瞳、絢香、いきものがかりetc)、イマイケンタロウ(THE APRILS)、かわいもとつぐ(NERO 、ELEKIBASS、)加藤智子等を迎え、EmiLy(エミリ)最大の特徴であるウイスパーヴォイスの独特な表現と声質を活かし2nd ALBUM「tear drop」が完成しました。

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

 

315INNOVATOR(サイコ・イノベーター)

On-doが流通、プロモーションを担当しております。

Mr.Moonlight

2011年5月13日発売
「Mr.Moonlight」

Sunshine Baby

2011年3月15日発売
「Sunshine Baby」

アーティスト情報

アーティストHP→
活動17年目を迎える2011年、7年振りとなる超力作「Sunshine Baby」「Mr.Moonlight」を連続リリース。パンク系アーティストとの共演を中心に、昨今はSA、ニューロティカ、THE RYDERS、JUNIOR、ゲタカルビ、ロリータ18号といった国内パンクシーンを支えてきたベテランバンドとの共演も多い。

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

 

S-Qty(エス・キューティー)

On-doが流通、プロモーションを担当しております。

S-Qty(エス・キューティー)

チャンスの神様

2011年3月16日発売
「チャンスの神様」

O・P・Q・R・S-Qty!!

2012年6月27日発売
「O・P・Q・R・S-Qty!!」

アーティスト情報

アーティストHP→
“岡山から元気と笑顔を発信!”を旗印に、2010年10月に結成されたガールズユニット。
明るくキャッチーなオリジナル曲の数々は、同年代の女の子を中心に支持されている岡山の”ご当地アイドル”。

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

 

ABDORA THE BUPPA (アブドラ・ザ・ブッパ)


On-doが流通、配信、プロモーションを担当しております。

ABDORA THE BUPPA (アブドラ・ザ・ブッパ)

唯我独尊

2011年1月30日発売
「唯我独尊」

KEEP IT REAL

2012年8月29日発売
「KEEP IT REAL」

サポートしているアーティスト

アーティストHP→
年間60~70本のライブ活動、岡山PEPPER LANDを中心に活動中。
2011年1月30日デビューアルバム「唯我独尊」発売

サポートしているアーティスト

▲ページトップ

 

キラーコンドルズ

On-doがマネージメント、音源制作、プロモーション、コーディネイト全般を担当しております。

キラーコンドルズ

Rainbow

「Rainbow」

AZURAZUR

「AZURAZUR」

アーティスト情報

アーティストHP→
キラーコンドルズ「-Rainbow-」
学生時代、赤井が当時電子音楽にまったく興味の無いハードロック好きの 日高・石黒・その他を誘いなんとなく結成。その後ベーシストmymt氏を強引に加入させメンバー全員で電子音楽、アンビエント、テクノ、トランスなどを広く浅く学び2000年ごろKorgEA1の購入をきっかけにライブ活動をスタート。「生バンド+電子音楽」のスタイルを確立すべく奮闘。2003年1stアルバム「AZURAZUR」の製作に着手。2004年完成&発売。一部でそこそこの評価を得て、2枚のコンピレーションアルバムに参加。このまま行くかと思ったが、2004年暮れにベーシストのmymt脱退。体制を立て直すべく2005年に雀友であるトマトヘッドのヴォーカル/ギターのこばゆみ(白鳥由美)を説得・説教・脅迫・褒め殺し・哀願・土下座の末、ヴォーカル/キーボードとして加入させ現在のメンバー編成に至る。その後、日高と石黒がfolk squatのサポートをしつつレコーディングを続け、1年近い制作期間を経て、2ndアルバム『-Rainbow-』が完成。
キラーコンドルズ 「AZURAZUR」
2004年発売の1st ALBUM「AZURAZUR」を 2009年2月4日に再発。

サポートしているアーティスト

▲ページトップ